楽器演奏者のためのジャズワークショップ | 鳥取JAZZ

イベント案内

楽器演奏者のためのジャズワークショップ

投稿日:2017.08.18

2019/11/4(月・休)13:00~16:30

デトロイト・ジャズフェスティバル・オールスターズによるワークショップ開催! 11/4(月・休)@とりぎん文化会館 リハーサル室

  • @とりぎん文化会館
  •   

毎年恒例の「楽器演奏者のためのジャズワークショップ」。
今年は「デトロイト・ジャズフェスティバル・オールスターズ」のメンバーを講師にお迎えします。

前半は、鳥取大学JAZZ&FUSION研究会のビッグバンドをモデルバンドとして行う公開のバンドクリニック、後半は、サックス、ヴィブラフォン、ギター、ベース、ドラムスの演奏者を対象とした楽器クリニックです。

現在、楽器クリニックの受講生・聴講生を募集しています!
バンドクリニックは事前申し込み無しでどなたでも聴講可能です。

【日時】2019年11月4日(月・休)13:00~16:30
【会場】とりぎん文化会館 リハーサル室
【講師】デトロイト・ジャズフェスティバル・オールスターズ
 ・Chris Collins(クリス・コリンズ)サックス
 ・Rob Pipho(ロブ・パイフォ)ヴィブラフォン
 ・Chuck Newsome(チャック・ニューサム)ギター
 ・Marion Hayden(マリオン・ヘイデン)ベース
 ・Nate Winn(ネイト・ウィン)ドラムス
【料金】
 ・聴講 2,000円(バンドクリニックと楽器クリニックを通しで聴講できます)
 ・受講 3,000円(楽器クリニックの受講ならびにバンドクリニックの聴講ができます)
【通訳】常盤武彦(ジャズ・ジャーナリスト)
【ワークショップ概要ならびに募集概要】
◆バンドクリニック
 鳥取大学JAZZ&FUSION研究会のビッグバンドをモデルバンドとして実施するバンドクリニック。
 [時間] 13:00~14:30(予定)
 [定員] 聴講 100名(事前申込み不要)
◆楽器クリニック
 講師が受講者の演奏を聴いてアドバイスをしたり、演奏者の質問に答えたり、一緒に演奏したりして楽器演奏のレベル向上やジャズへの理解を深めていただきます。
 [時間] 15:00~16:30(予定)
 [対象楽器] サックス、ヴィブラフォン、ギター、ベース、ドラムス
 [定員] 全楽器で合わせて受講 10名程度|聴講100名(いずれも定員に達し次第締め切り)
 [課題曲] ブルース(キー: F)、「Recorda Me (No Me Esqueca)」(ジョー・ヘンダーソン作曲のスタンダード曲)
 [持ち物] ご自身の楽器、筆記用具、五線紙、譜面台など演奏や受講のために必要なもの
 ※ ドラムセット、ベースアンプ、ギターアンプは会場に用意します。ヴィブラフォンは講師用のみです。

【楽器クリニックの申し込み方法】以下の専用応募フォーム または メールに必要事項を記してご応募ください。
〇専用応募フォーム → こちらのリンクより入力ください
〇メール送信先: tottori-jazz@flyingbeagle.jp
「氏名」、「年齢」、「(楽器クリニックの)受講または聴講」、「連絡先の電話番号」、「E-mailアドレス」(tottori-jazz@flyingbeagle.jpからのメールが受信できるアドレスをお書きください)、受講希望者は「楽器名」、「演奏歴」、「講師への質問事項」

LINEで送る
ameblo